なぜあなたの鳩は人の手を怖がるのか?

「マジックで鳩を出しても鳩がどこか飛んで行ってしまう。」

「手を差し伸べても怖がって逃げていく。」

「鳩が手元に収まってくれない。」

鳩を扱う上でこのような経験があるのではないでしょうか?

この原因は、鳩が人間の手を怖がっていたりするケースがほとんどです。
鳩が人間との信頼関係を築くことでこの問題を解決することができます。

そうすれば、鳩はしっかりと手元に収まるようになり、演技も安定するようになるでしょう。

そこで今回は、鳩が人間と信頼関係を築くための方法を紹介していきます。

信頼関係を築くための前提条件

鳩が人の手に慣れるには前提条件があります。

それはあなたが毎日鳩と接することができる環境にあることです。

毎日鳩と接することが出来ない環境で鳩が人間を信頼してくれるはずがありません。

サークルなどの団体に所属していると、鳩を施設で飼って(放置して)いる場合があります。

もしそうであれば、あなたが家に連れて帰って育ててあげましょう。

鳩と毎日接することができる環境を作ることが鳩と信頼関係を築くための第一歩です。

鳩が人に懐いてくれるための方法

毎日手で餌を与える

鳩が人に懐いてくれるための基本的な方法は、毎日手で餌を与えてあげることです。

手で餌を与えることで、人間の手が怖くないことを教えてあげます。

最初はなかなか食べてくれないと思いますが、毎日トライしてみましょう。

お腹が空いてると手の上に乗っている餌も食べてくれる可能性が高くなります。
だからといって、鳩のお腹を空かせるために餌を長時間与えないのはやめましょう。

毎日手で餌を与え続けることで徐々に食べてくれるようになるでしょう。

離れた距離から鳩に餌を差し出す

手にある餌を食べてくれるようになったら次は、
鳩から少し離れた位置で手の上にある餌を見せつけます。

鳩が人間の手を安全であるということが分かっているのであれば、自らの意思で手に乗っている餌に向かって飛んでいきます。

最初は手と鳩との距離が短いところからでも大丈夫です。毎日欠かさずに続けましょう。

近い距離で出来たら段々距離を長くしていければ良いと思います。

ある程度の距離からでも鳩が自らの意思で餌の方へ飛んでいけばもう心配ないでしょう。

あなたの鳩は人間の手が安全であると認識してます。
これで鳩が逃げていくこともなくなりますし、マジックでも鳩がどこか飛んで行ってしまうことはなくなるでしょう。

まとめ

【鳩が人間と信頼関係を築く方法】

  • 毎日鳩と接することができる環境を整える。

 

  • 手で餌を毎日与える。

 

  • 鳩から離れた距離で手に持っている餌を見せつけて、飛んでくるのを待つ

 

 

鳩が人間に懐いてくれる上で大事なのは、毎日手で餌を与えることです。
手にある餌を食べてくれるようになっても辞めずに継続して手で餌を与え続けてください。

人間の手に慣れたとしても、手で餌を与えることを辞めれば人間の手が怖くないことを忘れてしまいます。

ここまで鳩が懐いてくれれば、鳩を調教するのがとても楽になるでしょう。

>>鳩マジックに関する相談・レッスン申込はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました