銀鳩の鳴き声を抑える5つの方法

「夜に鳩が鳴いてうるさくて寝ることができない。」

「電車で移動中に鳩が鳴き出して気まずい思いをした。」

「鳩の鳴き声でうるさくて近所からクレームがきてしまった。」

銀鳩を飼育しているのであれば、こういった経験があるのではないでしょうか?

一つ頭に入れて欲しいのが、鳩は鳴く生き物であるということです。
手術をしない限り、完全に鳴き声を抑えることはできません。

しかし、今から紹介する対策方法であれば鳩の鳴く頻度を少なくすることはできます。

少しでも鳴き声を抑えることができれば、これまでよりは楽になるでしょう。

鳴き声を抑える5つの方法

鳩を視界を暗くする。

鳩の視界を暗くすることで活動量が減るので鳴く頻度も少なくなります。

暗くするために部屋の電気を消して鳥かごの上から布などを被せてあげましょう。

ここで注意して欲しいのが、布を被せすぎて空気の通り道を塞がないようにすることです。

この方法は夜寝るときに活躍するでしょう。

夜に部屋の電気を消して鳥かごに布を被せてあげれば鳩も寝ます。
そうすればあなたが鳴き声で目覚めてしまう頻度が減るでしょう。

鳩同士を離れさせる

鳩は求愛行動として鳴くことがあります。
一方の鳩の鳴き声が聞こえたらもう一方の鳩も共鳴するように鳴くのです。

オスとメスが近くにいるとうるさくなるので、お互いの鳩の鳴き声が聞こえない距離まで離れさせます。

玄関、リビング、ベランダなどに均等に鳩を配置してあげて鳩同士の鳴き声が聞こえさせないようにしましょう。
そうすれば求愛による鳴き声は収まります。

鳩を購入する時に鳴かなそうな鳩を選ぶ

鳩を購入する時点の話になってしまいますが、鳴かない鳩を選びましょう。

ペットショップなどのお店で鳩をじっと観察して鳴かない鳩を探し出します。

ただし、

「ペットショップでは全然鳴かなかったけど家で飼い始めたら鳴くようになった」

ということもあるので購入する前に慎重に選ぶ必要があります。

鳥かごを揺らす

鳩が鳴き始めたら持っている鳥かごを揺らしてあげます。

鳥かごを揺らすことで、鳴いている鳩の足場がふらつき一時的に鳴くことが出来なくなります。

これは鳩と電車で移動するときに有効な方法です。

電車の中で鳩が鳴くと、周りの乗客に迷惑をかけてしまいます。
そうならないために鳩が鳴き始めたら、持っている鳥かごを揺らして鳴き声を抑えるのです。

この方法は、鳩がなくたびに鳥かごを揺らさなければならないので、
あなたが常に鳩が鳴かないかどうか気を配る必要があります。

鳩を疲れさせる

「マジックの練習後は鳩が全然鳴かなくなった。」

そういう経験はありませんか?

おそらく、それはあなたの練習に付き合ったおかげで鳩が疲れているからです。
鳩は疲れると鳴かなくなるのです。

鳩に鳴かれたくないと思ったら、事前に調教や練習をして疲れさせておく必要があります。

これはマジックの練習会場へ電車で行く時にも有効な方法です。
練習会場に行く前に鳩を調教して少し疲れさせておくことで電車の中では鳴かなくなります。

どのくらい疲れさせるのかのさじ加減は難しいですが、これをすることで確実に鳩の鳴く頻度は減るでしょう。

まとめ

今回は鳩の鳴き声を抑える5つの対策方法について紹介しました。

【鳴き声を抑える5つの方法】

 

  • 鳩の視界を暗くするために鳥かごの上から布を被せる

 

  • 求愛行動で鳴くのを防ぐために鳩同士を離す

 

  • 購入時に鳴かない鳩を選ぶ

 

  • 鳥かごを揺らす

 

  • 鳩を疲れさせる

 

 

その時のシチュエーションに応じてこれらの方法を使い分けてもらえればと思います。

繰り返しますが、鳩は鳴く生き物なので完全に鳴き声を抑えることはできません。

あなたが鳩の鳴き声に対して寛容になってあげることで、あなた自身の精神的負担も軽くなるでしょう。

上記の方法で少しでもあなたが鳩との快適な生活を送ることができれば幸いです。

>>鳩マジックに関する相談・レッスン申込はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました