誰でもできる!ウォンドの作り方

ウォンド

市販のウォンドだと太さ、長さ、色は既存の中からしか選ぶことができませんよね。

ウォンドを自作することで、理想のウォンドを手に入れることができます。

そこで今回は、誰でも簡単にできるウォンドの作り方をご紹介します。

材料を揃える

【用意するもの】

  • 丸棒(1本)
  • カッティングシート(白)
  • カッティングシート(好きな色)
  • 上記の材料は全て東急ハンズで揃えることができます。

    丸棒の入手方法

    直径ないし幅は10mmか12mm、長さは25cm〜27cmが目安です。
    あなたの好みのサイズでカスタマイズしましょう。

    東急ハンズは木材カットサービスがあります。
    カットしてほしいサイズを図面を記入することで1カット50円でカットしてもらえます。

    カッティングシートの入手方法

    カッティングシートとは、裏面がシール状になっているカラフルな塩化ビニール製のシートです。

    ロールで売られているので、欲しい長さを指定して購入しましょう。

    1.カッティングシートを切る

    ウォンドは視認性を高くするため両端が白くなっているものが主流です。
    いわゆるチップ部分のことです。

    なので、白と好きな色の2色のカッティングシートを用意します。

    ウォンドの長さが27cmの場合、チップ部分を4cmにするとバランスがよいので、白を4cm、もう1色を19cmの長さに切ります。

    2.カッティングシートを貼る

    棒の両端に白のカッティングシートを貼ります。その間にもう1色のカッティングシートを貼ります。

    これで完成です。

    いかがでしたか?

    今回は、「誰でもできる!ウォンドの作り方」についてご紹介しました。

    これで、あなたも理想のウォンドを手にすることができるはずです。

    ぜひ参考にして見てくださいね。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました