銀鳩が飼い主になつく4つの方法

「銀鳩がなつかない」

「手を差し伸べると怖がる」

「銀鳩を手に乗せても逃げて飛んでいってしまう」

こういった経験はありませんか?

銀鳩が懐かないと鳩を演じるマジックをする時に苦労しますよね。

実は、銀鳩があなたになつくには、正しい方法で飼育する必要があるのです。

そこで今回は「銀鳩が飼い主になつく方法」についてご紹介します。

銀鳩が飼い主になつく方法

鳩と毎日接することができる環境を作る

鳩と毎日接することができなければ、あなたに懐いてくれるのは難しいでしょう。

逆に鳩と毎日接することができる環境であれば、鳩があなたに懐きやすくなります。

あなたが頻繁に会っている人に対して好感を持つようになるのと同じ原理です。

大学のサークルなどの施設で鳩を飼っているのであれば、家に持ち帰ってあげましょう。

手で餌をあげる

多くの人は餌入れで餌を与えると思います。

しかし、餌入れで餌を与えているばかりではいつまで経ってもあなたの鳩が懐いてくれません。

懐かせるには、あなたがしっかりと手で餌をあげる必要があります。

最初は、なかなか手にある餌を食べてくれないと思いますが、
毎日手で与え続けて入れば、鳩は必ずあなたの餌を食べてくれます。

これは鳩を懐かせる上で王道な方法なので、ぜひ試して見ましょう。

餌を与える量や頻度に関しては下記の記事で紹介しています。

銀鳩の餌の量と頻度はどれくらい?

「銀鳩に与える餌の量はどのくらい?」 「銀鳩に餌をどのくらいの頻度で与えればいいの?」 今まで銀鳩を飼ったことがなければ疑問に思うかと思います。 そこで今回は銀鳩の餌の量と餌を与える頻度についてご紹介します。

撫でてあげる

鳩を撫でてあげることは、あなたが思っている以上に効果があります。

撫でれば、それは鳩とのスキンシップとなり、安心感を与えることができます。

安心感を与えることができれば、鳩はあなたを怖がらなくなります。

撫でるのはタダでできます。毎日鳩を撫でてあげましょう。

ストレスない環境を用意してあげる

鳩にストレスのない環境を与えましょう。

鳩にストレスのない環境とは、具体的に挙げると

広くて糞が片付いている清潔な鳥かご、適量で栄養のある餌と水、毎日の日光浴、適度な運動

などがあります。

これらのどれか一つでも欠けていると鳩はストレスを感じ、飼い主を信頼しなくなります。

もし上記で挙げたものが欠けているのであれば、すぐに改善しましょう。

まとめ


いかがでしたか?

今回は「銀鳩が飼い主になつく方法」を紹介してきました。

鳩を飼育する上で一番大事なことは、あなたが鳩に愛情を持って接してあげることです。

鳩に対する愛情があれば、自然と今回紹介した4つの行動を取るはずです。

あなたも是非、鳩に愛情を持って接してあげてくださいね。

関連記事:

>>鳩マジックに関する相談・レッスン申込はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました